Old diary:松山から、日帰り旅行でアニヴェルセル大阪の結婚式へ。

NOTEです。

土曜日に、従姉妹の結婚式のため、夫と日帰りで特急しおかぜと新幹線経由で大阪に行ってきました。

追加で少しだけ通天閣と新世界の観光も!

スケジュール

  • 7:20 松山発 特急しおかぜ
  • 9:59 岡山着
  • 10:16 岡山発 のぞみ
  • 11:01 大阪着
  • 11:10 昼食
  • 12:00 通天閣 新世界散策
  • 14:00 アニヴェルセル大阪 
  • 14:30 集合・親族顔合わせ・挙式
  • 19:00 披露宴終了
  • 20:42 大阪発 のぞみ
  • 21:28 岡山着
  • 22:00 岡山発 特急しおかぜ
  • 00:55 松山着

一見、すごいハードに見えますが、しおかぜとのぞみのところは寝られますから大丈夫。

ちなみになぜ日帰りかというと、大阪は自分の中では泊りがけで行くところというよりは日帰りのイメージが強いからだったりします。

今までは、バスや飛行機で行ってたんですが、バスは体力的に、飛行機は時間のロスが多いのでちょっと不便。

もうちょっといいのないかなと思ってたら、今年と昨年の1・2月に岡山へハーブの勉強をしに行った時に、すっごいオトクなJR四国の乗車券を見つけたんです。

岡山自由席トク割回数券

岡山指定席トク割回数券

これは、岡山まで特急で自由席3,990円 指定席でも4,320円で行ける(ただし4枚セット)という回数券です。

そして、松山発岡山着のため、寝て起きたら到着しているという、トンネルを抜けるとそこは雪国ではなく、瀬戸大橋を抜けるとそこは岡山だった状態の夢のような切符なんです。

そして、JR松山駅は パークアンドライド というのがあって、1ヶ月前に予約すると、ラッキーな場合はJR松山駅のロータリー内に駐車できるというシステムがあります。

ということは、自宅から車で行って駅に駐車しそのまま特急しおかぜに乗ることができるんです。

しかも、JR松山駅はコンパクト。

特急しおかぜは、1番線なので、改札口正面、歩いてすぐなんです。

この、パークアンドライド+特急しおかぜがとっても気に入って、今回はさらに足を伸ばして新幹線に乗り換え新大阪まで行くという計画を立てました。

岡山駅は、構内がわかりやすく、新幹線は5分あれば乗り換えできます。

これも便利な往復券があります。

阪神往復フリーきっぷ 土日往復指定席 16,460円 4日間 17,490円

これの、土日往復を2人分と、パークアンドライドを予約しました。

というわけで、6時過ぎに起床し、いざ出発!

車で10分足らず、JR松山駅に到着。

駅構内に駐車しました。

朝食は、ウィーリーウィンキーのイートインでパンを。

6時40分から開いています。

順調にうとうとしながらJR岡山駅へ。

新幹線を待ちます。

新幹線に乗るのは、大人になってからは初めてです。

こんなひらぺったくなってるの?今の新幹線!

(参考画像)

ずっと、黄色いお鼻のイメージでした・・・。

新幹線に乗って、全身にかかる重力を楽しみながら、45分後には新大阪に到着。

このあたりで何か食べておいたほうがいいかなと、降りてすぐのお好み焼き屋さんで、ネギ焼きを。

のれんめぐり『ねぎ焼き やまもと』

本来の予定では、結婚式場のなんばへ移動し、いろいろウロウロして、時間になったら式場へ、と考えていましたが、ネギ焼きを食べながら、タワートークに花が咲き。

あ、タワートークのタワーは、東京タワーとかのタワーです。

実は、わたし達は普段の旅行といえば、それぞれの仕事の出張が主で、一緒に観光旅行をするという経験がほぼありません。

外は戦場、家が癒しです。

なので、東京タワーもスカイツリーも福岡タワーも、それぞれが別々に仕事の合間に観光。

タワーの写真がケイタイに送られてきて、対抗心をあおられ、自分も次に行こう!どうやって行くん?みたいな感じ。

ところが、通天閣はふたりともまだ行ったことが、さらには見たこともなかったんです、テレビでしか。

通天閣

これは行かねば!

ということで、地下鉄の御堂筋線に乗って地下鉄で『動物園前駅』へ。

・・・動物園?

どうやら通天閣の近くには、動物園もあるようです。

天王寺動物園

「動物園も、行く?」

って聞いたら、

「いや動物園は、いい。暑いし。」

って言われたので、通天閣だけにしました。

愛媛県民あるある

愛媛県民は四国最大級の動物園『とべZOO』に強い愛着を持っているため、県外の動物園にあまり行かないという特徴があります。(サファリパークは怖いという謎のすり込みもある)

また、愛媛県民は大きな水族館がないことをコンプレックスに思う反面強いあこがれを持っているため、旅行先に水族館があったらほぼ100%の確率でスケジュールに組み込みます。

30分ほど、12時くらいに動物園前駅に到着。

なつかしい雰囲気の商店街。

すっぽん屋さんがあって、お店の前の水槽にすっぽんが泳いでいたので、小声の裏声で

「僕たちは、これから食べられちゃうんだよぅ」

って夫の耳元で言ってたら、夫に

「やめなさい」

っておこられたので、静かに歩きます。

そして、ここはシブかった!

囲碁将棋クラブ。

時間制で将棋や囲碁ができるみたいです。

こんなところ、映画や漫画でしかないって思ってました!

遊技場も!

なんだか日本にいる気がしません。

そして、ついに待望の・・・通天閣!

想像以上の、HITACHI感

「日立だ」

「日立だね」

って言いながら、近くへ行くと、のぼれるみたい。

ではのぼってみようと、いったんは地下の入口へ並んでみたものの、乗り換えで30分かかるとの表示を見て、断念しました。

そして、メインストリートっぽいところへ。

新世界はこの辺?

新世界ネット

フグや串カツのお店がたくさん。

串カツの魅惑的な香り!

わたし達は、新幹線を降りてすぐにネギ焼きを食べたことを後悔していました。

ネギ焼きを食べなければ、串カツが食べられたのに!

食べちゃう?

でも今、串カツを食べると、披露宴のフルコースが食べられなくなってしまう

理性と本能のせめぎあい。

大脳新皮質と、大脳辺縁系

でも、今一度思い返すと、ネギ焼きを食べてのんびりしてたときに、通天閣へ行こうと急に思って移動したため、ネギ焼きを食べなかったら通天閣に来なかったんですよね。

なんと人生とは不条理な・・・

でも、串カツ屋はまた大阪に来た時に食べられるから、その時にしよう

と話し合い、それは何十年も先だろうな・・・とお互い心の中で思い。

とりあえず串に刺した何かを食べようと、デタトコカフェというところで凍らせた『串アイス わらびもち』を食べ歩き。

犬にお土産を買い。

1時間ほど散歩してました。

この上は、看板・・・?

雰囲気を楽しんで、再び御堂筋線で、こんどはなんばへ。

結婚式場は、『OCAT』のすぐ近くにあります。

OCATは『オーキャット』と呼ぶそうす。

 

それを知るまで、私たちは

『オーシーなんとか』

ってずっと言ってました・・・。

さて、案の定、御堂筋線とJR難波駅の迷路に迷い込み、オーキャットにはたどり着いたもののどこから出ればいいのかわからなくなってしまい。

総合案内所で聞くことにしました。

「オーキャットの近くの、結婚式場のアニヴェルセル大阪はどこですか?」

もう、オーキャットという読み方がわかるから、質問も堂々と。

オーキャットのところはちょっと声を張ってみたり。

そして、無事アニヴェルセル大阪を発見しました。

でも、着いたからといってまだ安心はできません。

松山と都会の地理感覚を同じにしてはいけないんです。

なんば駅もいろんな場所にあるし、JR新大阪とJR難波がつながってないという、ひっかけ問題みたいな場所がたくさんあるんです。

今自分が何階にいるか、今は建物の中なのか、それともアーケード街なのかすらわからなくなるんです。

建物も、JR松山駅みたいに出入り口が1か所じゃなくって、いろんな場所に出口があって、天山交差点の地下道すらおぼつかない自分にとっては、都会の駅は目印のない迷路。

なぜアクアコミュニティに行こうと思ったのに、変電所が見えるのか・・・

外でゲストを待つために待機しているスタッフに怪しまれないよう、そっと、慎重に外から大きさを確認し、これなら大丈夫そうと、隣のカフェで休憩。

ビタミンCを補給します。

いつもはコーヒーの夫も、ミックスジュース。

時間になったので会場に移動し、着替えてしばし談笑。

先に着替えを終えた夫が、父に、あゆみさんは最近の新幹線を知らないと、愛する妻をディスっていました。

すると既にほろ酔いの父が

「最近の新幹線は、カモノハシみたいやろ!!」

その通り

カモノハシ120%です。

私は良い例えが見つからなくて、ずっと指をキツネの耳を下ろした形で、靴ベラみたいなのって言ってたんですが、カモノハシです。

ここ数年で一番の、父と意思の疎通が図れた瞬間でした。

さらに甥っ子が、

「新幹線は、通り過ぎるときに風がすごいんよ!!」

って、またもや新情報!

でも私は甥っ子が線路で新幹線の風を受けたと想像してしまい

「岡山は駅やったけん、新幹線止まって風が来んかったけんね~」

って言ったら、夫がまたもや

「通過駅だったら新幹線も風、あるやろ」

と、ふだんのうっぷんを晴らすかのようにディスってきました。

厳しいな、今日の夫は・・・

それにしても、なぜ私はこんなに新幹線について無知なのか。

それが一番のナゾです。

そして、カモノハシカモノハシと盛り上がっていたら、親族挨拶の時間に。

その後、教会へ。

ブルーのバージンロードが印象的です。

そして・・・挙式。

当然ですが、従姉妹の花嫁姿を見るのは初めて。

まぁ、キレイになって・・・!

と、歳が離れた従姉妹なので、従姉妹と言うよりはおばさん気分です。

そして、歳を取るごとに、挙式のときに涙もろくなるのは何故なのか・・・

あと、普段はまったく思い出さないのに、自分の挙式を昨日のことのように思い出します。

フラワーシャワーが終わり、披露宴へ。

お料理がおいしくて、串カツ我慢して良かったです。

披露宴の余興は、新郎の御友人による芝居仕立ての野球試合でした。

すごくクオリティが高いなぁ・・・と思って見てたら、友達が結婚するたびにしているのでもう5回目だそうで、続けると昇華されて良いものになるんだなぁとしみじみ。

さあ、あとはコーヒー・・・と思ってたら、サプライズなデザートビュッフェ!

これが、すごかったんです。

あとチョコレートファウンテンや職人さんが作ってくれるスイーツとか・・・

見た目もキレイだけど、すごくおいしかったです。

もっと食べたい・・・

しかし、ここで油断は禁物!

この場所は、会場の外!

数年前、従姉妹(今回の従姉妹のお姉さん)の結婚式で大阪に来た時に、ガーデンで他の招待客とカクテル飲んでお手洗い行って戻ったら花嫁の手紙タイムになって、中に入れなかったんです。

花嫁の手紙の時は、会場が暗くなるからガーデンから中に入ると光が入ってしまい雰囲気を壊すからダメなんだって。

知らない招待客と、ガーデンからドアに耳をつけて、ホテルの隣室で盗聴してる人みたいになってました。

なので、今回はガーデンには出ず、ケーキをお皿にのせて室内に戻って予防。

無事、花嫁の手紙を聞くことができました。

夏休みなど、長期の休みによく松山に遊びにきてくれたけど、思春期になり、大人になり、結婚してからはほとんど実家に戻らなかった私とは冠婚葬祭しか会わないように。

従姉妹と久しぶりに会うと、なんだか幼馴染に再会したような気分で不思議な感じ。

そして、やはり同じ家系だから姿や雰囲気にお互いの面影が見えて、ちょっと面白い。

私は祖母(90代)と伯母(60代)と姿が似ているので、自分が歳を取った時の姿がリアルに想像でき、いつも会うときに、未来の私を見ているような気がします。

そして、姪や甥が大きくなって、人数も増えている・・・!

みんな、それぞれの人生でたいへんだったこともたくさんあると思うけど、乗り越えてこうやって集まって慶事を祝うことができるのは、とても幸せです。

と、しみじみ思ってたら、もう19時をまわってる!

急いで着替えて、御堂筋線でJR新大阪へ。

そして、やっぱりどうしても食べておきたい!ということで

新幹線の改札内で、5分で串カツ食べました。

のれんめぐり『串かつだるま』

その後、新幹線は乗り越すと次は広島なのでがんばって起きて、岡山で乗り換え。

松山まで爆睡でした。

健やかなるときも 病めるときも

喜びのときも 悲しみのときも

富めるときも 貧しいときも

これを愛し これを敬い これを慰め これを助け

その命ある限り

真心を尽くすことを誓いますか?

Thank you for reading.

NOTE