Old diary:メディカルハーブ検定合格に向けての試験対策 4/5

NOTEです。

今回は、メディカルハーブ検定対策 第四回です。

メディカルハーブの使い方についてまとめました。

重要なところは赤字にしています。

LESSON4 メディカルハーブを使う(テキスト44ページ~62ページ)

ハーブティー

  • お湯で作るハーブティー・・・温浸剤
  • 水で作るハーブティー・・・冷浸剤
ハーブの水溶性成分を利用する方法。主な利用方法が飲用のため、機能成分が体内に吸収されやすく、栄養素の摂取に適しています。消化器の炎症に直接作用させられる利点も。
ハーブティー(温浸剤)の作りかた
  1. ティーポットに細かくしたハーブを入れる
  2. 熱湯を注ぎ、フタをして花や葉は3分間、種子や根は5分間抽出する
  3. 茶こしを使いカップに注ぐ
鍋で作る場合は、火を止めてからハーブを入れます。
水出しハーブティー(冷浸剤)の作りかた
  1. ガラス容器などに細かくしたハーブと常温の水を入れる
  2. 容器にフタをして常温で6時間抽出する
  3. 茶こしを使いカップに注ぐ
低温で抽出するため、高温で抽出されるカフェインやタンニンの溶け出しを抑えることができます。
ハーブは作る直前に細かくつぶし、作ったハーブは一日3~4回に分けて飲みます。水出しは雑菌の繁殖に注意。

ハーバルバス

ハーブの水溶性成分を利用する方法で、入浴効果による血液循環に加えてハーブによるスキンケア効果、ハーブに含まれる精油成分を蒸気吸入する効果が得られます。

  • 全身浴・・・浴槽にお湯を入れハーブを入れて肩まで浸かる
  • 半身浴・・・浴槽に少な目のお湯を入れハーブを入れてみぞおちあたりまで浸かる
  • 部分浴・・・ハーブを入れたお湯に手や足を浸ける
ハーバルバスの方法
  1. 細かくしたハーブを木綿の袋かティーパックに入れる、または熱湯を注いで10分以上抽出して濃いめのハーブティーを作る(部分浴の場合は洗面器やバケツにハーブを入れ5分以上)
  2. 浴槽に入れて入浴する。
半身浴は身体の負担が少なく、部分浴は入浴できないときのケアに適しています。
半身浴は肩にバスタオルなどをはおる、部分浴は冷めてきたらお湯を注ぎ足す等、冷やさないようにしましょう。

蒸気吸入・フェイシャルスチーム・芳香浴

精油などの揮発性成分を活用する方法です。

蒸気吸入の方法
  • 洗面器にハーブを入れ熱湯を注ぎ、バスタオルをかぶり深呼吸するように湯気を鼻と口から吸い込みます。
鼻やのどの粘膜に直接成分を作用させることができ、蒸気による血流促進効果・保湿効果も期待できます。作用が穏やかなため、小さな子供や高齢者のケアにも。
顔を近づけすぎないように、目を閉じて行います。
フェイシャルスチームの方法
  • 洗顔後、洗面器にハーブを入れ熱湯を注ぎ、バスタオルをかぶり顔を洗面器に近付け湯気を10分あてます。
肌を引き締めたり潤いを与えたりなどのスキンケアが目的です。
顔を近づけすぎないように、目を閉じて行います。肌が敏感な人は5分間でやめましょう。週に2回が限度です。
芳香浴の方法

ハーブの香りを部屋に行きわたらせ、嗅覚から脳に働きかけて自律神経を調整します。

部屋の乾燥を防ぐ他、抗菌作用があるハーブを使うと除菌効果も期待できます。

  • ボウルやマグカップなどにハーブを入れお湯を注ぎます。

温湿布・冷湿布・アイパック・フェイスパック

水溶性の植物化学成分(フィトケミカル)を抽出し浸した布を患部に当てる方法です。

温湿布の作りかたと使いかた
  1. 鍋に水を入れ沸騰させたら火を止めて、細かくしたハーブを入れて10分抽出する
  2. ざるを使ってこし、洗面器に移す
  3. 抽出液が冷めないうちにガーゼなどの布を浸し軽くしぼって患部に当てる
筋肉痛や肩こりなどの血液循環を改善したい場合や慢性症状・炎症に適しています。
冷湿布の作りかたと使いかた
  1. 鍋に水を入れ沸騰させたら火を止めて、細かくしたハーブを入れて10分抽出する
  2. ざるを使ってこし、ボウルなどに入れて冷蔵庫で冷やす
  3. ガーゼなどの布を浸し軽くしぼって患部に当て、冷たくなくなったら取り替える
捻挫や打撲直後、軽いヤケドなど患部を冷やしたい急性症状に適しています。
アイパックの作りかたと使いかた
  1. 冷湿布の手順で作った抽出液にカット綿を浸し軽く絞る
  2. 目を閉じてまぶたにカット綿をのせ上から指で軽く圧迫する
疲れ目・充血のケアに有効です。
フェイスパックの作りかたと使いかた
  1. ハーブを細かくして鍋に入れ熱湯を注ぎ5分抽出し茶こしを使ってカップに注ぐ
  2. 鍋に戻し、冷めてからフェイスパックシートに含ませ軽く絞り10分パックする
日焼けのケアは冷湿布、肌の乾燥には温湿布が適しています。
パックをする前に洗顔をしておきましょう。

チンキ

アルコールでハーブの水溶性成分・脂溶性成分の両方を抽出する方法です。

アルコールを使うため体内への吸収が早く、長期間(約1年間)保存できます。

使用する瓶は煮沸消毒し、保存する場合は遮光性のガラス瓶に入れて密閉し冷暗所に置きます。アルコールを含むため子供や高齢者の誤飲に気をつけ、アルコールを避けなければならない人にはアルコール分を熱湯で揮発してから使用します。
内用チンキの作りかたと使いかた
  1. 広口ガラス瓶にハーブを入れ、ハーブが完全に浸るまでアルコールを注ぐ
  2. 瓶のフタを締めて1日1回振り混ぜ2週間漬け込む
  3. 茶こしやガーゼでこし容器にいれ冷暗所で保存する
  4. チンキ数滴をカップ2分の1程度のお湯またはハーブティーに入れて内服する
植物化学成分(フィトケミカル)が吸収されやすく、アルコールの作用で身体が温まります。
外用チンキの作りかたと使いかた
  1. 内用と同じ手順で作ったチンキを精製水で4~10倍に薄める
  2. 患部に塗布または湿布する
鎮痛や消毒が目的ですが、グリセリンを加えローションを作り美容目的に使うこともできます。
希釈したチンキは冷暗所に保存し1週間程度で使い切りましょう。

浸出油

植物油(キャリアオイル)で脂溶性成分を抽出する方法です。

皮膚に塗布しスキンケアやヤケド・傷のケア・マッサージオイルとして使います。

みつろうを加えると軟膏を作ることができます。

植物油とハーブの脂溶性成分の相乗効果が期待できます。

約3ヶ月保存可能。

温浸油の作りかた
  1. ハーブを細かくしてボウルに入れ完全に浸る量の植物油を注ぐ
  2. 水を入れた鍋を沸騰させボウルを湯につけときどき混ぜながら30分以上湯せんする
  3. 茶こしまたはガーゼを使ってこし、遮光瓶に入れて保存する
冷浸油に比べ時間をかけず簡単に抽出できます。
冷浸油の作りかた
  1. 広口ガラス瓶にハーブを入れ完全に浸る量の植物油を注ぐ
  2. フタを締めて温かい場所に置き1日1回振り混ぜ2週間漬け込む
  3. 中身をガーゼでこしビーカーに浸出油を移す
  4. 残ったハーブも絞る
  5. 遮光瓶に入れて保存する
途中で新しいハーブに入れ替え抽出成分を増やすこともできます。

軟膏

浸出油とミツロウを溶かして固めたものを皮膚に塗布する方法です。

軟膏の作りかた
  1. 浸出油とミツロウを湯せん用のビーカーに入れる
  2. 水を入れ沸騰させた鍋に入れて湯せんする
  3. ミツロウが溶けるまでかき混ぜる
  4. 鍋から引き上げさらにかき混ぜる
  5. 固まる前に保存用の遮光容器に注ぎ入れる
チンキや浸出油などに比べ成分を長い時間作用させるほか、外部の刺激から皮膚を保護します。

パウダー

ハーブを粉末にして利用する方法です。

全ての植物化学成分を利用できます。

パウダーをそのまま飲んだり、料理に振りかけて食べたり、パック剤にして使用したりします。

酸化しやすいので使う直前に作りましょう。
パック剤の作りかたと使いかた
  1. フードミルでハーブを粉末にする
  2. 茶こしを使って大きな粒を取り除く
  3. クレイと合わせる
  4. 精製水で練る
  5. 顔面をパックする
  6. パック剤が完全に乾く前にはがし、洗顔する
クレイの洗浄成分と収れん作用も活用します。
ゴマージュの作りかたと使いかた
  1. フードミルでハーブを粉末にする
  2. 茶こしを使って大きな粒を取り除く
  3. ハーブを手にとり、水またはハーブティーを練り合わせる
  4. 肘などをこすって角質を取る
ハーブパウダーに水分を含ませ肌の角質をこすって取り除きます。

ハーブ以外の材料について

水道水・ミネラルウォーター・精製水・芳香蒸留水(ハーブウォーター フローラルォーター ハイドロゾル)など。

  • ハーブティー・湿布→水道水、またはミネラルウォーター
  • 外用チンキの希釈・パック剤→精製水
アルコール(エタノール・エチルアルコール)

水溶性・脂溶性成分の両方を抽出でき、チンキを作るときに使用します。

消毒作用があるので抗菌作用を持つハーブと相乗効果有り。

  • 消毒用エタノール(濃度約80%)
  • エタノール(濃度約95%)
  • 無水エタノール(濃度約99%)
ミツロウ(みつろう・蜜蠟)

ミツバチが分泌するロウで、ビーワックスとも呼ばれます。

軟膏を作るときに使います。
植物油(キャリアオイル)

浸出油を作るときに使います。

マカデミアナッツ油に酸化防止用の小麦胚芽油10%混ぜたものを使います。
マッサージオイルとして使う場合はパッチテストをしましょう。
グリセリン

植物性、または動物性の油から作られ無色無臭で保湿作用に優れています。

チンキを使って外用ローションを作るときに入れます。

クレイ

シリカ(ケイ素)を含み吸収作用・吸着作用・洗浄作用・収れん作用があります。

カオリン・モンモリオナイトなど。

安全に使用するために

購入時の注意点

  1. 「食品」を選ぶ・・・「雑貨」は使用できません。
  2. 色と香りをチェック・・・色・香りと品質は比例します。
  3. 大量に買わない・・・酸化による品質劣化を防ぎます。
  4. 学名で購入する・・・似た名前で学名が違う物があります。使用部位も確認すること。
  5. 信頼できる店で購入する・・・安心して使えるハーブを扱っている店を選びましょう。

使用時の注意点

  1. 使用部位だけを利用する
  2. 器具の消毒は入念に
  3. ハーブティーはその日のうちに飲み切る
  4. 小さな子供・お年寄り・妊娠中の女性は様子を見ながら

保存上の注意点

  1. ホウルで購入しカットして使う
  2. 遮光瓶で冷暗所に保存
  3. ラベルを貼る

Thank you for reading.

NOTE