Old diary:咳・痰が気になるときのアロマケアを、ケンソージェルナチュレを使って。

NOTEです。

今回は、ケンソージェルナチュレを使った咳と痰をやわらげるアロマレシピです。

咳と痰をやわらげるアロマレシピ

材料

  • サイプレス 10滴
  • ユーカリ・ラディアタ 10滴
  • ラヴィンツァラ 10滴
  • ケンソージェルナチュレ 8.5ml

サイプレス

室内に居ながら森林浴が楽しめる森の香りの成分『モノテルペン炭化水素類』の『α‐ピネン』を多く含みます。

また、『δ‐3‐カレン』に咳を鎮める作用『鎮咳(ちんがい)作用』があります。

心身を強壮する、元気が出る森の香り。

マノオールにエストロゲン様作用があるため、ホルモン依存型癌疾患、乳腺症の方は皮膚塗布を控えましょう。

ユーカリ・ラディアタ

ユーカリ精油の中で、最も刺激が穏やかでお子様にも安心して使うことができます。

ツンとした香りの成分『酸化物類』に、痰を排出する『去痰(きょたん)作用』があります。

また、痰のからまる咳の症状をやわらげてくれます。

今回はサイプレスとラヴィンツァラのブレンドを紹介させていただきましたが、ユーカリ・ラディアタ単体でも痰と咳の症状緩和が期待できます。

ラヴィンツァラ

ユーカリ・ラディアタと同じく去痰作用が期待できるほか、免疫刺激作用があり早期回復の手助けをしてくれます。

ユーカリ・ラディアタよりツンとした香りの『酸化物類』が少ない、優しい香り。

ケンソージェルナチュレ

無色透明の中性ジェルで、保湿作用があり、精油を15%まで混ぜることができます。

マッサージをするときには、植物油(キャリアオイル)を使いますが、精油を希釈して、成分をしみ込ませるだけで良い時や、植物油のべたつきが苦手な人にはケンソージェルナチュレがおすすめです。

ジェルはキサンタンガムでも手作りできますが、精製水を混ぜる手間と、完全に混ざり切るまでの時間を考えるとケンソージェルナチュレが手軽です。

今回の咳や痰の症状緩和に使う場合には、マッサージは必要なく、のどや胸の周りに塗るので、べたつかないほうが良いため、ケンソージェルナチュレを選びました。

そのほか、ジェルを入れる10mlの容器、材料をまぜる棒、日付シールをご用意ください。

作りかた

1.容器にケンソージェルナチュレを少し入れます。

2.精油を入れます。

3.ジェルナチュレを少しずつ入れながら、混ぜ棒で混ぜていきます。

この入れ物は10ml用なので、すりきりいっぱい作ると、15% 10mlのジェルができます。

10mlの入れ物が無い場合は、はかりで8.5グラム、ケンソージェルナチュレを計量してから精油を入れて混ぜましょう。

ジェルと精油が混ざりきらなくても、時間が経つと自然に混ざりますので、しばらくおいておいたら大丈夫。

出来上がりです。

 

使いかた

パール粒の大きさを、咳や痰が気になるときに、胸と背中に塗ります。

このジェルを塗ると、私の場合は30分くらいで喉がスッキリして、痰が絡んだ咳が出なくなります。

混ぜるだけですので、とっても簡単に作ることができます。

 

咳や痰が気になるかた、ぜひお試しください。

鼻詰まりや、花粉症の方にもおすすめです。

 

お読みいただき、ありがとうございました。