Old diary:交感神経優位になりすぎて眠れなかった私がぐっすり眠ることができたアロマオイル!

NOTEです。

このサイトを作り始めて1ヶ月が経ちました。

ブログを作るのとは違い、慣れない作業が盛りだくさん!

その結果、朝から晩まで、ときには日が変わるまでお店で作業をして、家に帰ってもスマホで調べ物。

ベッドに入ってもスマホを離さず、夢の中でもサイトのことを考えてしまい。

さあ、寝ましょうか

あれ、寝られない

こんどこそ、寝ましょうか

寝られない

外が明るくなってきた、もう起きる時間

どうしよう、ぜんぜん寝てない

という状況になってました・・・。

意識はハッキリしているんですが、身体が重い・・・

いろんなことに対するやる気がどんどんなくなっていって、これは大変なのではと思い始めました。

私から、やる気を取ったら、もう私ではありません。

原因を考えると、どう考えても深夜までパソコンに向かっていて、交感神経が優位になりすぎていることでした。

そしてパソコンに座りっぱなしで、運動不足にもなっていました。

また、ふだん飲まないコーヒーが無性に飲みたくなり、昼から夕方にかけてコーヒーを飲んでいたことも。

そんな話を昨夜していたら、夫にキスケのボーリングに連れていかれました。

もう1時になろうというのに!

日曜日の深夜なんて、もう誰もいません。

貸し切りです。

 

その後、帰宅して

  • ラベンダー・アングスティフォリア
  • マンダリン
  • ラヴィンツァラ
  • プチグレン

を植物油で希釈したアロマオイルをお風呂に入れて入浴。

お風呂から出て、髪を乾かす前にソファーでひと休み・・・と思ったら爆睡、

目が覚めたら朝でした。

気分もスッキリ!

ラベンダー・アングスティフォリア マンダリン ラヴィンツァラ プチグレン は、すべて誘眠作用と鎮静作用がある精油です。

マンダリン以外は皮膚刺激も少ないため、不眠・ストレスのブレンドによく使われます。

お風呂に精油を入れる場合は、肌への刺激を考慮し希釈します。

希釈するものはさまざまで、植物油、天然塩、グリセリン、乳化剤などです。

入浴剤に今回、植物油で希釈したのは、あまりにもやる気が出なくて、洗面台の横に保湿用のオイルがあって、それに精油を混ぜたためです。

すぐ混ぜてお湯に入れることができて簡単。

精油の濃度計算は、植物油5mlに精油1滴で1%です。

そして、お風呂に入るときに使う精油は、5滴以下が適切です。

植物油5mlに精油を5滴混ぜて、湯船に入れてよくかきまぜます。

ただし、植物油はお湯と混ざらないため、いったんはお湯の表面に細かい粒になっても、合体して大きな粒になります。

それと、これは注意したほうがいいのですが、アブラなのでお風呂から出たときに、洗い場で若干足が滑りますので気を付けてください。

湯船に浸かってアロマオイルの香りを吸い込めば、自然に呼吸もゆっくりと、深く。

お風呂から出て、カモミールティーを飲んでベッドに入ると、もう夢の中。

お読みいただき、ありがとうございました。