Old diary:アロマで風邪とインフルエンザ予防。オレガノカプセルとプラナフォースローションの使い分け。

NOTEです。

風邪やインフルエンザなどの感染症予防には、プラナフォース・ローションとオレガノカプセルが効果的です。

先日、母にプラナフォース・ローションをプレゼントしたんです。

アロマストーンとセットにして。

母は、「風邪を引きそう」と思った時に、寝るときに窓を少し開けて、そこにアロマストーンを置いてプラナフォース・ローションを数滴染み込ませて使っていて、プラナフォース・ローションを使い始めてから風邪を引かないそうです。

私は、プラナフォース・ローションとオレガノカプセルで、風邪やインフルエンザを予防しています。

プラナフォース・ローションは30mlの瓶に、抗ウイルス作用がある精油がたっぷり600滴入っていて、アロマランプやアロマディフューザーなどで室内に香らせたり、数滴を鼻の横やみぞおちに塗って使います。

オレガノカプセルは、ウイルスがたくさんいそうな人ごみの中に出かけるときや、朝起きてちょっと体調が良くないなというときに1粒飲んでいます。

どちらも、風邪やインフルエンザ予防という同じ使い道なんですが、私は身体の状態に応じて使い分けをしています。

プラナフォース・ローションを使う場合

  • 身体はだるくない
  • 熱っぽくない
  • 鼻が詰まる・鼻水が出る
  • 頭の働きはいつもと同じ

こんなときには、3滴みぞおちに塗ったり、鼻の横に1滴塗ったりします。

オレガノカプセルを使う場合

  • 身体がだるい
  • 熱が出そう・熱がこもった感じがする
  • 咳が出る
  • 頭の働きがいつもより悪い気がする

こんなときには、オレガノカプセルを1粒飲んでいます。

プラナフォース・ローションには『酸化物類』を多く含む精油がブレンドされていて、鼻や咽頭など、粘膜の炎症で過剰に分泌されている粘液を溶かし、体外に出す『抗カタル作用』と痰を排出させる『去痰作用』があるため、鼻詰まり・痰がからむなどの症状のときに使います。

オレガノカプセルは、心身を強壮させる『フェノール類』を含みますから、確実に身体が弱っていると感じた場合に使います。

あと、オレガノカプセルは香りが気にならないため、香りがあると迷惑になる場合はオレガノカプセルにします。

先日実家に帰って昼食を食べていたときに、幼稚園の甥っ子が盛大に咳をしてました。

弟のお嫁さんが、

「おねえちゃん、今日はオレガノカプセルやね」

と、イシシと笑ってました

おねえちゃん、オレガノカプセルを1粒飲んで無事でしたよ。

風邪やインフルエンザは、うがいや手洗い・マスクなどで防いで、かかったら、薬を飲む

という対処方法が一般的です。

ここに、プラナフォース・ローションとオレガノカプセルを加えると、風邪にかかりにくくなりますし、薬を飲む量も格段に減ります。

風邪を引いてからではなく、引く前の予防に、まずはプラナフォース・ローションとオレガノカプセルを使ってみてください。

NOTEでは、プラナフォース・ローションとオレガノカプセルで、風邪とインフルエンザの発生頻度が激減しているご家庭、増加中です!

Old diary:オレガノカプセルを使って、アロマで風邪・インフルエンザ予防。

2017.09.26

Old diary:オレガノカプセルのアロマパワーで若返る?

2017.09.26

Old diary:オレガノカプセルのアロマパワーを活用!

2017.09.26

お読みいただき、ありがとうございました。