ハーブを入れたアロマバスボムの作り方。

NOTEです。

今回は、ドライハーブを入れたアロマバスボムの作り方をご紹介します。

材料(小2個)

  • 重曹 40g
  • クエン酸 20g
  • コーンスターチ 10g
  • 精油 5~10滴
  • ドライハーブ 2g
  • ハーブウォーターまたは精製水 適量
  • ジップロック袋 1枚
  • ラップ 1枚
  • サシェ袋 2枚

重曹とクエン酸、コーンスターチの量は4:2:1で作っています。

水分を入れ過ぎると、重曹が発泡してしまうため、ローズウォーターまたは精製水はスプレー容器に入れましょう。

ドライハーブを入れると、見た目は可愛らしいんですが、まわりに広がってお風呂掃除がたいへんになりますので、入れる場合はサシェ袋に入れたまま使うことをおすすめします。

ドライハーブを入れない場合は、サシェ袋は不要です。

それでは、材料をはかっていきます。

重曹、クエン酸、コーンスターチをジップロック袋に入れながらはかります。

材料を混ぜ合わせるときに、ジップロック袋があると洗い物も出ませんし、手もあまり汚れないので、はかるときから使うと便利です。

重曹とクエン酸とコーンスターチを入れたら、振り混ぜます。

混ざったら、ローズのドライハーブ2gと

精油を入れます。

入れたら、よく振り混ぜます。

混ざりました。

ここに、スプレー容器に入れたローズウォーターまたは精製水を入れます。

入れる量は、湿度などで変わってきますから、様子を見ながら入れます。

まずは、10プッシュ。

10プッシュしたら、よく振り混ぜて、ギュッとお団子状にしてみます。

まだ、サラサラです。

5プッシュ追加しました。

少し塊ができますが、すぐにホロホロに崩れます。

追加で5プッシュ。

お団子状になりました。

これを、2つに分けて、

1つはラップに移して、団子状に丸めます。

もう一つはジップロック袋の中で、団子状に丸めます。

 

サシェ袋に移したら、出来上がりです。

サシェ袋の大きさに合わせて、35g×2個の小さめのアロマバスボムができました。

あとは、お湯にぽちゃんと落として泡と香りを楽しみながら、お風呂に入るだけ。

ありがとうございました。

Thank youfor reading!

愛媛県松山市 松山市駅から徒歩4分。 NARD JAPAN認定校・JAMHA認定教室/プラナロム・健草医学舎・生活の木取扱